ジョニラボ

世界52ヶ国制覇!人生波乱万丈のジョニーが生活に役立つあらゆる情報を発信します!

SNSで話題沸騰中!防臭袋「BOS」でニオイの悩みを解決

f:id:aniki-ken:20201021004601j:plain

防臭袋BOSがSNSで話題沸騰中

昔から鼻だけは利くので、いろんなにおいが気になるキャサリンです。臭いを防ぐとして話題沸騰中の「BOS」は、医療用向け開発から生まれた驚異の防臭袋です。

使用済みのおむつだけでなく、さまざまな用途に使用することができる商品で、SNSなどでも話題となっています。

レジ袋の有料化により、ビニール袋を購入する機会も増えたことでしょう。

どうせ買うなら高機能な「BOS」も選択肢のひとつに加えてみてはいかがですか?

消臭袋と防臭袋って何が違うの?

「BOS」は防臭袋ですが、従来品の多くは消臭袋です。

ではこの2つ、何が違うのでしょうか。

消臭袋には消臭剤が入っています。

しかし袋に入っている消臭剤は数百mg。

これは消臭スプレーのひと吹きと比べても、とても少ない量です。

このため、消臭袋ではニオイの成分をあまりキャッチすることができずに袋から漏れ出てしまいます。

消臭袋と聞くと効き目がありそうなイメージですが、そこまで大きな効果は期待できないのです。

一方、防臭袋は袋自体がニオイを通しにくくなっています。

このため、効果は半永久的なのです。

f:id:aniki-ken:20201021005225j:plain

臭いは袋全体から漏れている

「BOS」はどうして匂わないの?

ニオイは袋の結び目から漏れているのではなく、袋全体から漏れています。

このため、袋をしっかりと結ぶだけではニオイを閉じ込めることはできないのです。

袋は液体を通さないので、ニオイもシャットアウトしてくれるイメージがありますが、どんな袋でもニオイは通してしまいます。

「BOS」もニオイを完全に通さないわけではありません。

人がニオイを感じるには限界があり、ニオイの成分濃度が低いとニオイがあっても無臭と感じます。

「BOS」は、ニオイが漏れるスピードがとても遅くなるように設計されています。

このため漏れてくるニオイ成分はごくわずか。

私たちはニオイを感じないのです。

f:id:aniki-ken:20201021005514j:plain

ウンチのにおいも通さない

「BOS」の由来

名前だけを聞くと防臭袋だとは思えませんが、「BOS」の由来は何なのでしょうか。

ニオイを防ぐために開発された「BOS」。

「この圧倒的な防臭力は、きっと防臭のボスになれるはず」そんな想いから、「防臭(BOUSHUU)×ボス(BOSS)」をかけあわせて「BOS(ボス)」と名付けられたのです。

「BOS」の特徴

驚くほどニオイを感じない

最も敏感にニオイを感じるのはうんちのニオイ。

「BOS」ならうんちを入れてしばらく放置しても、ほとんどニオイを感じません

驚異的な防臭力を持った素材なのです。

菌も通さない

「BOS」は菌も通さないので衛生的です。

また、燃やしても有毒ガスが発生しません。

国内で製造されているのも嬉しいポイントです。

使いやすい

「BOS」は、使いやすさにもこだわっています。

袋の開けやすさや結びやすさなど、こだわりを持って開発されています。

f:id:aniki-ken:20201021010054j:plain

サイズやカラーバリエーションも豊富

こんなときにおすすめ

「BOS」は、使用済みのおむつを入れるだけでなく、さまざまな用途に使うことができます。

ニオイ移りが気になる食品に

冷蔵庫や食品庫で気になるのが食品のニオイ移り。

ニオイの強い食品を「BOS」に入れるだけで、周りへのニオイ移りを防ぐことができます。

もちろん、ホイップクリームなどのニオイを吸収しやすい食品にも効果的です。

液体を含むものは直接入れることができないので注意しましょう。

アウトドアに

バーベキューなどで気になるのが、持ち帰る残飯のニオイ。

他にも釣りで気になる餌や魚などのニオイ対策にもおすすめです。

魚介類の処理に

魚の内臓や、食べ終わった後の貝類などはニオイが気になりますよね。

このため、ゴミ出しの日に合わせて魚介類を調理する人もいるのではないでしょうか。

「BOS」があれば、いつでもニオイを気にせずに調理することができます。

「BOS」は、結びやすいように柔らかく薄い素材となっています。

魚の骨や貝類などで袋が破けてしまうおそれがあるので、他の袋に入れて二重にするといいでしょう。

f:id:aniki-ken:20201021005748j:plain

臭い移りしないのもBOSの特徴

外出時の汚れ物入れに

汚れた服のニオイ対策にもおすすめです。

かばんや周りへのニオイ漏れを防ぐことができます。

「BOS」は、サイズ展開が豊富なので、出張や旅行帰りの服や、部活でたっぷり汗をかいた練習着なども入れることができます。

災害時にも

災害時はトイレが使えなくなることがあります。

また、停電すると冷蔵庫内のものが腐食することも。

長期間ゴミ捨てをすることができないことも想定されるので、生活の中のさまざまなニオイが問題となってきます。

おススメのBOS

本当にいろんな用途やサイズがあるので、ご自分の使い方によって探してみてください。

1位 2位 3位

選べる豊富なサイズやカラー

BOSが人気な理由のひとつとして、防臭力だけでなくサイズ展開の豊富さやカラーバリエーションの多さがあります。

商品はいろいろとありますが、全て同じ素材でできていて、同じ防臭力を発揮してくれます。

また、コラボパッケージもあり、選ぶ楽しみも人気の要因となっています。

 

いかがだったでしょうか。

SNSなどで話題となっている防臭袋「BOS」について調べてみました。

使用済みのおむつや生ごみなど、日々ニオイに悩まされている方は試してみてはどうでしょうか。

用途もたくさんあるので、いざというときのためにストックしておくといいかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。