ジョニラボ

世界52ヶ国制覇!人生波乱万丈のジョニーが生活に役立つあらゆる情報を発信します!

厳しい冬におすすめ!「着る毛布」の選び方とポイント

f:id:aniki-ken:20201127154850j:plain

着る毛布の選び方

最近人気な「着る毛布」ってご存知ですか。

着る毛布は、毛布の暖かさを感じながらラクに動き回れるルームウェア。

その暖かさと着心地の良さから、いちど着ると手放せなくなる人も少なくありません。

今年はラニーニャ現象の影響で厳冬らしいので、さっそく手に入れようと思うキャサリンです。着る毛布で快適な冬を過ごしてみませんか。

ニトリではさまざまなタイプの着る毛布を展開

着る毛布の中でも人気が高いのがニトリの着る毛布。

暖かいのはもちろん、見た目がシンプルなので着やすく、値段が手頃なのが人気の秘密です。

また、ニトリの着る毛布には、ロング丈、ミドル丈、フード付き、ベストタイプなどさまざまな種類が用意されています。

自分のライフスタイルに合った着る毛布を見つけることができるのです。

着る毛布選びのポイント

タイプで選ぶ

着る毛布は、大きく分けると「ガウンタイプ」「ボタンタイプ」「ポンチョタイプ」の3つに分けることができます。

f:id:aniki-ken:20201127162507j:plain

ガウンタイプの着る毛布
ガウンタイプ

ガウンタイプは腰ひもを結んで着ます。

腰ひもでサイズ調整をすることができるので体型を選びません。

体にほどよくフィットするので暖かさを保つことができますし、着たまま動きやすいのもポイントです。

しかし、腰ひもだけで留まっているので、はだけやすいのが難点。

また首回りが大きく開いているタイプのものは、暖かい空気が逃げてしまいます。

このような場合は首回りの防寒対策も必要です。

ボタンタイプ

ボタンタイプはガウンタイプと比べると、はだけにくいので室内で動くことが多い人におすすめです。

ただし注意したいのがボタンの位置。

首元だけにボタンのあるタイプだと、足元がはだけやすく暖かさも半減してしまいます。

またボタンタイプはガウンタイプのように体に合わせたサイズ調整ができません。

自分の体に合ったサイズを選ぶようにしてくださいね。

ポンチョタイプ

ポンチョタイプは、頭からすっぽりとかぶるだけと簡単に着ることができます。

着る人の体型を選ばず締め付けがないのが特徴です。

首回りは詰まっているので暖かく、毛布を広げれば足元まで包み込むことができます。

しかし、裾が開いているデザインなので動き回る人にはあまり適していません。

ゆったりと座ってくつろぐときにおすすめのタイプです。

f:id:aniki-ken:20201127162546j:plain

ポンチョタイプの着る毛布

素材で選ぶ

着る毛布はとても暖かいので、下着の上に直接着ることもあるでしょう。

そこで大切なのが着心地の良い素材であること。

マイクロファイバー

着る毛布の素材で多いのがマイクロファイバーです。

なめらかな肌触りが特徴で、いちど使うと病みつきになるでしょう。

ボリュームがあるので空気の層をたっぷりと作ることができ暖かさは申し分なしです。

ふかふかの毛布にくるまれたい人におすすめです。

f:id:aniki-ken:20201127162619j:plain

素材もいろいろ
フリース

フリース素材は、保温性の高さから冬には欠かせません。

柔らかくフワフワとした肌触りです。

軽量なので着たままでも動きやすく収納時にかさばらないのも魅力です。

着丈

着る毛布には上半身だけのショート丈、腰の下まであるミドル丈、足まで覆うロング丈など、さまざまな着丈のものがあります。

どのようなシーンで着用するのかを考えて選ぶようにしましょう。

家事や育児をしながら着用するなら、動きやすいショート丈がおすすめ。

家の中を移動するぐらいの動きならミドル丈でいいでしょう。

くつろぎタイムに着用したいならロング丈を選びましょう。

また、着る毛布のなかには長さを調整できるものもあります。

動きに合わせて調整したい人はチェックしてみてください。

ガウンタイプなら腰ひもで丈を調整できますし、ロング丈の着る毛布で裾を上に折り曲げボタンで留められるものなどがありますよ。

f:id:aniki-ken:20201127162716j:plain

着丈もいろいろ

機能

せっかく着る毛布を着るなら、便利な機能のあるものを選んでもっと快適に過ごしましょう。

フードが付いているものは、顔回りや頭も暖めることができます。

ポケット付きなら、スマホや身の回りのものを入れることができ便利です。

ハイネックは首回りもしっかりと保温することができます。

また、寒気を防ぐ工夫がされているかも確認しましょう。

袖口にゴムを入れて冷たい空気が入らないようにしているものや、足元をスナップボタンで留めることができるものは、暖かい空気を閉じ込めることができるので快適に着用することができます。

f:id:aniki-ken:20201127162645j:plain

洗濯機で洗えるほうが良い

洗濯機で洗えるか

意外と見落としてしまうのが、洗濯機で洗えるかどうか。

着る毛布は肌に直接触れることが少なくても、毎日使うものなので汚れは蓄積されていきます。

自宅で簡単に洗うことができるタイプだと嬉しいですよね。

製品によっては、洗濯機の手洗いコースを使用するなど、洗濯方法に注意しなければならない場合があるので必ずチェックしましょう。

また、色落ちや繊維が抜けたりする可能性があるので、初めての洗濯にはとくに注意が必要です。

着る毛布は、手早く暖を取ることができるアイテムです。

ひとつあれば、快適に冬を過ごすことができますよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。