ジョニラボ

世界52ヶ国制覇!人生波乱万丈のジョニーが生活に役立つあらゆる情報を発信します!

サボりがちなキッチン掃除はコレで完璧

f:id:aniki-ken:20201023200022j:plain

キッチン掃除はこれで決まり

日々仕事に追われても外食せずに自炊で頑張ってるキャサリンです。キッチンは毎日使う場所。だからこそ清潔にしておきたいですよね。

わかってはいるのですが、キッチン掃除はついつい億劫になってしまいます。

今回はキッチン掃除のコツをご紹介します。

きっとお掃除が少し楽しくなりますよ。

たくさんの種類の洗剤は必要ない

薬局などに行くと、たくさんの種類の洗剤が売られていますよね。

〇〇用と名のついた洗剤でなくても、汚れの種類をよく知って、それに適したものを使い分ければ汚れはちゃんと落ちます。

キッチン掃除におすすめなのが「重曹」と「クエン酸」

キッチンだけでなく、家中どこの掃除にも使えるので、あれこれ買い揃える必要がなくなりますよ。

また、肌荒れの心配も少なくなりますし、小さい子やペットのいる家庭でも安心して使うことができます。

f:id:aniki-ken:20201023200307j:plain

重曹は重宝します

重 曹

重曹の正式名称は「炭酸水素ナトリウム」

「重炭酸」や「ベーキングソーダ」とも呼ばれています。

食品用としても使われる重曹ですが、最近では安価な掃除用の重曹も多くなってきました。

掃除用の重曹は、食品用の重曹と比べて純度が低くなっています。

食品用の重曹を掃除に使うことは構いませんが、掃除用の重曹を食品には使わないようにしましょう。

重曹はアルカリ性の性質を持つので、酸性のものを中和する働きがあります。

油汚れや手あか、焦げ付きなどといった汚れを落とすのに最適です。

また、酸性のものが持つニオイを吸着する働きがあるので、ニオイのもとにふりかけるだけで消臭剤としても使用することができます。

さらに重曹には研磨効果もあります。

柔らかすぎず固すぎない硬度なので、クレンザーを使ってこすると傷ができるような素材でも、傷をつけずに汚れを落とすことができます。

f:id:aniki-ken:20201023200510j:plain

クエン酸は強い味方

クエン酸

クエン酸は、レモンなどの柑橘類や梅干しに多く含まれている無色無臭で安全な酸性の成分です。

白い結晶タイプのものが販売されています。

精製度によって、食品用や薬品などありますが、掃除に使うなら100円ショップなどで売られているもので十分です。

重曹がアルカリ性であるのに対して、クエン酸は酸性の性質を持ちます。

このため、酸性のクエン酸はアルカリ性の汚れを落とすのに最適です。

水道水のカルシウムやミネラルが固まった水垢や、電気ポット内の白い結晶汚れなどに効果があります。

また、クエン酸には細菌の増殖を抑える殺菌効果があるので、汚れを落としながら消臭や除菌をすることができます。

f:id:aniki-ken:20201023200652j:plain

換気扇は強敵

換気扇

料理をするたびに汚れのたまる換気扇。

普段はあまり気にしなくても、いざ開けてみると油やホコリで大変なことになっていることも。

そんな換気扇の掃除にぴったりなのが重曹です。

油汚れの詰まった換気扇フィルターに、重曹とお湯を混ぜたものをスプレーして放置しておきましょう。

油汚れが浮き上がり、そこをスポンジやブラシでこすれば簡単に汚れを落とすことができます。

とくに汚れがひどいときは重曹ペーストがおすすめ。

重曹ペーストは、重曹と水を3対1で混ぜて作ります。

耳たぶくらいの柔らかさが目安です。

重曹ペーストを塗ったら上からラップで覆い、シップ状態にしてしばらく放置しましょう。

時間が経ったらラップを外して、重曹ペーストと一緒に汚れを拭き取ります。

f:id:aniki-ken:20201023200830j:plain

排水溝のぬめりをやっつける

排水溝

キッチンの排水溝は、黒ずみやぬめり、水垢などが原因で汚れていきます。

なかでもぬめりは触るのも嫌ですよね。

このぬめりは油と雑菌が原因です。

排水溝のイヤな汚れは、重曹とクエン酸でキレイにすることができます。

重曹とクエン酸が混ざることで、炭酸の泡が発生します。

その泡が汚れの内側に入り込んで浮き上がらせてはがれやすくしてくれるのです。

方法はとっても簡単。

まずは排水溝に重曹を入れます。

次にクエン酸を入れたらお湯を入れて発砲させます。

時間をおいて流せば完了です。

f:id:aniki-ken:20201023201007j:plain

電子レンジの汚れとにおいを取る

電子レンジ・オーブン

電子レンジやオーブンは掃除を後回しにしがちな家電のひとつです。

いつの間にか、庫内には汚れやニオイがついてしまっています。

調理や食品の温めに使う電子レンジやオーブンは清潔にしておきたいですよね。

電子レンジやオーブンの庫内は、重曹やクエン酸などを水に溶かして温めて、発生した水蒸気を汚れになじませて落とす掃除方法が簡単で効果的です。

水1カップに重曹大さじ1を目安にして耐熱容器に入れ加熱しましょう。

蒸気を充満させた状態で5分ほど時間をおいたら内部を拭き掃除します。

温まった重曹水をつけたスポンジでこするのもおすすめ。

やけどには注意してくださいね。

こびりついて落ちない汚れは、重曹ペーストをつけたスポンジでこすりましょう。

重曹ペーストを汚れにつけて、しばらく放置してからこすると汚れが落ちやすくなります。

目に見えないニオイにはクエン酸がおすすめ。

耐熱容器に水とクエン酸、レモンやみかんの皮を入れて加熱しましょう。

酸と皮に含まれる「リモネン」がニオイを消してくれます。

重曹とクエン酸を使えば、キッチンを簡単に掃除することができます。

ぜひ試してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。