ジョニラボ

世界52ヶ国制覇!人生波乱万丈のジョニーが生活に役立つあらゆる情報を発信します!

90年代ギャルと今どき女子の制服の着こなし

f:id:aniki-ken:20200831225102j:plain

90年代ギャルと現代女子の制服

制服のスカートの長さで年がばれちゃうのが心配なキャサリンです。90年代の女子高生と現代の女子高生の制服の着こなしの違いからいろんなものが見えてきますね!

進学先は制服で選ぶ!

進学をする学校を選ぶとき、女子は制服が気になるのは今も昔も一緒です。

しかし、今と昔では制服の着方が変化してきているのをご存知でしょうか。

元気にコギャルカルチャーを築いた90年代の女子高生と、現代の女子高生、その違いは何でしょう。

f:id:aniki-ken:20200831225751j:plain

制服で選ぶ進学先

90年代の制服は「着崩す」のがポイント

90年代の制服からイメージするのは、ミニスカート・ルーズソックス・他校のスクバなどでしょうか。

ちなみにスクバとは、スクールバックのこと。

当時は、スクバを潰したり、あえて他校のバックを使用したりすることが流行っていたのです。

さらにハイビスカスの髪留めにクリップ、キティちゃんの小物などがアイテムとしてプラスされていました。

大切なのはセンス良く着崩すことで、みんな意外と同じような格好をしていたのです。

現代女子の制服事情は?

現代の制服は、90年代と比べると品行方正な雰囲気があります。

着崩すことはあまりなく、学校指定のルールから外れずに制服を楽しんでいるのです。

スカートの長さは90年代の頃よりは若干長くなり、ソックスは短く清潔感のあるものが選ばれています。

もちろんブレザーはしっかりと着ますし、指定リボンもきちんと付けている女子高生が大多数です。

スクバは潰されることなく、新品のようなキレイさを保ち、他校のスクバを持つことはありません。

今の女子高生は、学校の先生から注意を受けない、ほんの少しの調整で満足しているのです。

f:id:aniki-ken:20200831225825j:plain

品行方正な制服の着こなし

今はSNSで繋がる時代

昔に比べて女子高生は、「女子高生という肩書」にそれほどこだわってはいないようです。

ティーン雑誌を見ても、昔ほど制服特集が組まれることはありません。

私服の着こなし特集が多く、女子高生が重視するものが変化してきたのでしょう。

放課後街に出なくとも、SNSなど楽しめるものはたくさんあります。

また、SNSなら効率よく気の合う友だちを探すこともできます。

女子高生というブランドに誰もが溶け込もうとしていた90年代と違い、女子高生という肩書よりそれぞれの個性を重視しだした現代。

SNSなどで自分の個性を主張できるようになった今、制服のあり方も変わってきているのです。