ジョニラボ

世界52ヶ国制覇!人生波乱万丈のジョニーが生活に役立つあらゆる情報を発信します!

秋冬シーズンのシーツ 洗濯頻度と洗濯のコツ

f:id:aniki-ken:20201116235045j:plain

秋冬のシーツの洗濯頻度とコツ

わかっていてもなかなか洗濯しないのがシーツ。シーツを最後に洗濯したのがいつか覚えていないジョニーです。

「人は眠っているときにコップ1杯程度の汗をかく」とも言われ、その汗を吸収しているシーツは、見た目以上に汚れています。

睡眠は日々の疲れを癒す大切な時間ですよね。

気持ちよく眠るためにも、シーツは清潔な状態で保ちましょう。

この記事では、シーツを洗濯する頻度や洗濯で気をつけるポイントなどをご紹介します。

シーツを洗濯する頻度は?

寝ている間ずっと直接肌に触れているシーツには、汗や皮脂などが付着しています。

しみついた汗や皮脂をそのままにしておくと、ダニや雑菌が繁殖したり、黄ばみの原因となったりします。

このため、シーツは毎日交換するのが理想ですが、現実的に考えて大きなシーツを毎日洗濯することは難しいですよね。

汗を多くかく夏は週1回冬は2週間に1回程度を目安にするといいでしょう。

シーツの洗濯で気をつけるポイントは?

快適にシーツを使うために気をつけたい洗濯のポイントをいくつかご紹介します。

f:id:aniki-ken:20201116235642j:plain

シーツの洗濯のポイント

洗う前にホコリやゴミを取り除く

シーツを洗濯機で洗う前に、ホコリやゴミは取り除いておきましょう。

洗濯後にシーツに小さなゴミが広がるのを防ぐことができます。

またホコリを取り除いておかないと、ボックスシーツなどは四隅にホコリがたまってしまいますよ。

洗濯表示の確認をする

シーツについている洗濯表示を確認しましょう。

「洗濯機マーク」か「手洗いマーク」がついていれば水洗いすることができます。

洗濯機にバツマークがついている場合は、家庭での洗濯禁止という意味です。

そのような表示があるときは、クリーニング店に相談しましょう。

洗濯ネットに入れる

シーツをそのまま洗濯機に入れてしまうと、シーツが絡まり傷む原因になることもあります。

必ず洗濯ネットに入れるようにしましょう。

洗濯ネットに入れるときは「じゃばら折り」にするといいでしょう。

シーツにしわがつきにくく、洗濯後のケアがラクになりますよ。

また、洗剤が全体にまんべんなく広がるので、奥まで浸透しやすくなります。

ファスナーつきのシーツは、ファスナーをしっかりと閉じましょう。

シーツ内にホコリやゴミが入るのを防ぐためです。

f:id:aniki-ken:20201116235711j:plain

洗濯ネットに入れてやさしく洗う

洗濯コースは普通コースでOK

シーツを洗濯機で洗うときに気になるのが洗濯コースではないでしょうか。

シーツは、綿100%か綿にポリエステルが混ざっているものがほとんどです。

普通に洗濯をしてもとくに問題はありません。

ただし、厚みのあるパッドシーツや冬に使う起毛のあるシーツなどは、水流の弱いコースを選ぶといいでしょう。

種類によっては手洗いを推奨しているものもあるので、洗濯表示の確認は忘れずにしておきましょう。

洗濯のりを使えば新品のような仕上がりに

洗濯のりを使ったシーツは、数日経っても張りのある風合いを保つので、気持ちよく眠ることができます。

また、シーツをパリッと仕上げるだけが洗濯のりの役目ではありません。

洗濯のりを使用することで、シーツに汚れがつきにくくなります。

また、ついた汚れも洗濯で落ちやすくなります。

洗濯機に洗濯のりを入れる場合は、すすぎの最後にのり剤を入れて脱水します。

洗濯機のメーカーや型式によって違うので、取扱説明書を確認してくださいね。

洗濯のりを使うときには注意点がいくつかあります。

よく間違われるのが「柔軟剤投入口に洗濯のりを入れること」です。

のり剤を洗濯機の柔軟剤投入口に入れてしまうと、中で固まってしまうことがあるので避けましょう。

また、のり付けしたシーツは乾燥機にかけるのはNGです。

故障の原因となるので注意してください。

f:id:aniki-ken:20201117000016j:plain

シーツを干すときのコツ

シーツを干すときのコツ

シーツなどの大きな洗濯物は、干すときに場所をとってしまいますよね。

これも洗濯頻度が下がる原因のひとつでしょう。

幅も丈もあるシーツは、乾きやすよいように工夫をしましょう。

例えば竿を2本使ってシーツがM字になるように干すと、シーツの間に空間ができるので風通しが良く早く乾きます。

竿が1本しかない場合は、竿にハンガーをかけて、シーツの間に空間ができるようにしましょう。

これなら1本の竿に普通にかけたときよりも早く乾かすことができます。

少しでも布の間に風が通るように空間を作ることがポイントです。

直射日光があたると紫外線で繊維が傷むので、できれば陰干しがおすすめです。

頻繁に洗濯できない人におすすめの機能性シーツ

頻繁に洗濯できない人は、機能でシーツを選んでみてはいかがでしょうか。

抗菌防臭シーツは、ニオイの原因となる細菌の増殖を抑えて、防臭効果の加工をしたシーツです。

気になる菌とニオイを防いでくれます。

湿度の高い地域に住んでいる人や寝汗が多い人には防カビ機能を備えたシーツがおすすめです。

大きなシーツを頻繁に洗濯するのは大変ですが、清潔な寝具は眠りの質もきっと上げてくれます。

洗い方のポイントを覚えて、定期的に洗濯をするようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。