ジョニラボ

世界52ヶ国制覇!人生波乱万丈のジョニーが生活に役立つあらゆる情報を発信します!

【今年のペルセウス座流星群、見ごろはいつ?】

f:id:aniki-ken:20200831235528j:plain

ペルセウス座流星群の見ごろ

高校2年生の夏、湘南の海で夜空を見上げて星を語った意外とロマンチストなジョニーです。今年もペルセウス座流星群がやってきます!

ペルセウス座流星群って?

夏の定番天文現象である「ペルセウス座流星群」。

ペルセウス座流星群は、年間でも1、2を争う流星群を誇っています。

極大時期がお盆直前なので、多くの人が観測しやすい流星群のひとつです。

では、今年の見ごろはいつなのでしょうか。

流星群自体は、7月17日頃から出現し始めますが、流星数が増えるのは8月中旬に入ってから。

流星は放射点を中心に出現します。

ペルセウス座流星群は、ペルセウス座付近に放射点があることから、その名が付けられています。

最も活発になる今年の見ごろはいつなのか

流星群の活動が、観測場所や観測条件によらず、最も活発になることやその時期を「極大」といいます。

2020年のペルセウス座流星群が最も活発になる極大のタイミングは、8月12日の22時頃。

つまり、12日の深夜から13日の未明にかけてが、観察チャンスなのです。

見晴らしの良いところでは、1時間あたり30個前後の流れ星が見えると予想されます。

ペルセウス座流星群観察のポイント

ペルセウス座流星群を観察するポイントは2つあります。

・広く見渡す

流星群の流れ星は、放射点を中心として四方八方に飛びます。

流れ星は方角や高さに関係なく、空のあちこちに流れるのです。

このため、視界の開けた見晴らしの良い場所で観察するのがおすすめ。

また、月明かりや町明かりの影響を小さくするために、月や街灯から離れた方向を中心に眺めるといいでしょう。

凝視すると視野が狭くなるので、リラックスして空を広く見渡しましょう。

・15分は見る

1時間あたり30個前後の流れ星が見えると予想されているので、計算上では平均すると2分に1個のペースで見えることになります。

もちろん実際の流れ方はランダムなので、連続して数個見えることもあれば、10分以上見えないこともあるでしょう。

見えないからと簡単に諦めず、15分は見上げてみるようにしましょう。

のんびりと星を楽しみながら、流れ星が飛ぶのを待ってみてください。

f:id:aniki-ken:20200831235554j:plain

天体観測

観察時に気をつけること

観察中は、大騒ぎをせず車や足元に注意しましょう。

また子どもだけで行動してはいけません。

マナーや安全に十分気をつけましょう。

場所によっては虫に悩まされる可能性があるので、虫除けを準備しておくといいでしょう。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

晴れてくれ☀️ #ペルセウス座流星群 #12日から夜明けにかけて #頼む #流星#星空 #流星群 #流星群見たいのに

酒房勇魚 いさな(@songyongliangtailan)がシェアした投稿 -

2020年上半期は、コロナウイルスにより大きなストレスを感じながら生活していた人も多くいたと思います。

中止されるイベントも多い中、夏の夜のひととき、ゆっくりと空を見上げてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。