ジョニラボ

世界52ヶ国制覇!人生波乱万丈のジョニーが生活に役立つあらゆる情報を発信します!

バレンタインはそもそも何の日? 海外のバレンタイン事情と言い伝え

f:id:aniki-ken:20210128144509j:plain

バレンタインって何の日?

「日本でいちばんチョコレートが売れる日」ともいわれるバレンタインデー。

2月14日のバレンタインを楽しみにしている男性も多いのではないでしょうか。今年も義理チョコで終わりそうなキャサリンです(汗)

そんなバレンタインですが、その起源や意味、世界のバレンタイン事情については知らない方も多いのでは?

今回は、バレンタインについてご紹介します。

そもそもバレンタインって何の日?

西暦269年2月14日、兵士の自由結婚禁止政策に反対したバレンタイン司教が、時のローマ皇帝の迫害により処刑されました。

それから2月14日は、バレンタイン司教の記念日としてキリスト教の行事に加えられ、恋人たちの愛の誓いの日になったのです。

ヨーロッパでは、バレンタインを「愛の日」として花やケーキ、カードなどを贈る風習があります。

このエピソードからもわかる通り、キリスト教徒にとってバレンタインは重要な日なのです。

f:id:aniki-ken:20210128145211j:plain

自由結婚禁止に反対したバレンタイン司教

日本ではチョコレートを贈る

日本ではバレンタインに女性から男性へ愛の贈り物としてチョコレートを贈る習慣があります。

これは日本独自の風習で、1958年にメリーチョコレートが行った新宿・伊勢丹でのチョコレートセールが始まりです。

日本でチョコを贈る風習が定着したのは、1970年代後半といわれています。

日本のバレンタインの特徴は「女性から男性へチョコレートを贈る」「キリスト教との関連がほぼない」といったところでしょうか。

f:id:aniki-ken:20210128145615j:plain

1958年のチョコレートセールが始まり

本命チョコだけじゃない

今の時代、バレンタインに贈るチョコは本命チョコだけではありません。

恋愛感情を伴わない男性に対して日頃の感謝の気持ちを込めて贈る「義理チョコ」、女性から女性に贈る「友チョコ」、男性から女性に贈る「逆チョコ」、自分用に買う「自己チョコ」、男性から男性に贈る「強敵(とも)チョコ」など、さまざまな〇〇チョコが存在しています。

また、チョコ以外にも他のお菓子や小物などをプレゼントする人もいますし、和菓子屋でもバレンタイン用のお菓子が販売されるのも日本らしいですよね。

f:id:aniki-ken:20210128145830j:plain

恋愛感情なしのチョコも多様

海外のバレンタイン事情

アメリカのバレンタイン

アメリカでは男性から女性にプレゼントを贈るのが一般的です。

花やカードが定番ですが、なかにはジュエリーなど高級なプレゼントを贈る人もいます。

バレンタイン当日には、恋人や夫婦でデートをする風習があり、街も特別な賑わいをみせます。

イギリスのバレンタイン

イギリスでは、バレンタインデーは「想いを寄せる人にひそかに想いを伝える日」とされています。

カードに名前を書かずに、「Be My Valentine.」「From Your Valentine」などのメッセージを贈る風習があり、とてもロマンチックです。

男女どちらから贈ってもかまいません。

イギリスでは、カードを受け取った側が行動を起こすのが一般的。

恋人、夫婦になってからもカードやプレゼントを贈るそうです。

f:id:aniki-ken:20210128150404j:plain

バレンタインの海外事情はそれぞれ

フランスのバレンタイン

フランスでは、男性から女性に贈り物をするのが一般的です。

バレンタインデーは「恋人たちのお祭りの日」とされていて、カードや花などを男性から女性に贈り、一緒に過ごします。

イタリアのバレンタイン

イタリアでは、男性から女性、女性から男性、どちらにも花やアクセサリーなどを贈る風習があります。

バレンタインデーに婚約すると必ず幸せになれると考えられているので、その日にプロポーズする人も多いようです。

また、2月15日にはシングルデーという日が存在し、シングルのためのイベントが多く開催されます。

さらにシングルの女性たちがバーに繰り出し、ガールズナイトを楽しむ習慣もあります。

ベルギーのバレンタイン

ベルギーでは、男女間だけでなく「お世話になった人に感謝を伝える日」とされています。

恋人同士の場合は、男性から女性にプレゼントを贈ります。

f:id:aniki-ken:20210128150722j:plain

韓国では手作りチョコは渡さない

韓国のバレンタイン

韓国では、日本と同様に女性から男性にチョコレートを贈ります。

ホワイトデーがあるのも日本と同じです。

ただし韓国では手作りのチョコは渡しません

大きなバスケットにチョコを詰めて、華やかにラッピングして贈るのが定番です。

韓国にはチョコレートをもらえなかった男女が集まり、ブラックコーヒーやジャージャー麺を口にする「ブラックデー(4月14日)」が存在します。

イスラム教の国ではバレンタインイベントが禁止?

日本では意識されませんが、そもそもバレンタインはキリスト教の祭日がはじまり。

このような背景から、イスラム教国ではバレンタインデーにお祝いすること自体が禁じられているようです。

とくに信仰心の厚いアラブ諸国では、バレンタインデーを嫌忌する人もいるそうです。

もし2月14日をまたいで近隣国へ恋人同士で旅行するなら、公の場でのお祝いは避けた方が無難でしょう。

日本人にとってのバレンタインは、「告白をする日」だけでなく、チョコレートを楽しむ日でもあります。

バレンタインの捉え方が多様化し、広がり続けているのは、男女問わずバレンタインをワクワクする楽しい日として認識しているからではないでしょうか。

従来の「告白する日」として楽しむのも良いですが、そのときの自分にあったスタイルで自由に楽しんでみましょう。

P.S. YouTubeはじめました!

良かったらご覧ください。

かわいい姉妹の日常をUPしてます。

少しでも癒されたら、チャンネル登録お願いしますm(_ _)m

 

最後までお読みいただきありがとうございました。